屋上で大胆にもほぼ全裸で5回イく 欲求不満アラサー美巨乳お姉さん

茶色のミディアムヘアーのきれいな女性。

ブラウスの上に紺のカーディガンを羽織り、紺のミニスカートを履いている。

WS00

アラサーっぽい感じ。OLにも人妻にも見える。
全体的に上品な雰囲気。足がきれい。

自然の多い道端の石の台に座っている。
鈴虫が鳴いているのと彼女の服装から、秋だと分かる。

太ももをさすりながらちょっとモジモジし始める。

WS01

やがて立ち上がってどこかに歩いて行く。

とあるコンビニ。「どれがいいかな」という感じで、
雑誌をいろいろ手に取って眺めている。

成人向け雑誌の区画。いくつか手にとって表紙を見る。
まわりでは他のお客さんや店員の声。店内には洋楽が流れている。

WS02

結局何も読まず、何も買わずに外に出る。
とある建物の階段を上っていく。

スカートは丈が短い上にヒラヒラなので、パンティーが
簡単にチラ見えする。模様はピンク地に白の水玉。

WS03

屋上らしき場所。人に見られなさそうな物陰に立つ。
欲情している感じに息を荒げながら、ブラウスのボタンを外していく。

ボタンを途中まで外したところで、ブラからおっぱいを引っ張り出す。
ブラはパンティーと同じ、ピンク地に白の水玉網様。
おっぱいは弾力のありそうな美巨乳。

ブラウスの残りのボタンを外し、スカートを
両手でもどかしそうにめくり上げる。

WS04

パンティーをひざ上まで下げる。喘ぎながら中指でクリをこすり回す。
気持ち良さそうに顔をゆがめる。息遣いが荒い。

クリをいじっている中指をぺろっとなめる。
やや上を向きながらひたすらクリこすり。

指使いが高速に変わる。
イこうと意識しているのが分かる様子。

WS05

07:02 のけぞりながら「ああっ!…あっ…」と1回目の絶頂。
でもまったく手の動きを休めない。

クリをこすり続けながら両方のおっぱいをまさぐる。
クリをこすっている中指をまたレロっとなめる。

気持ち良さそうに顔をゆがめながら、ひたすらクリこすり。
09:27 2回目の絶頂。4回大きく喘いでビクッとのけぞる。

顔をしかめて息を切らしながら、カーディガン、
ブラウス、スカート、パンティーの順に脱ぐ。

WS06

右脇腹のあたりにシップが貼ってある。
ブラとブーツだけのあられもない姿。そしてナイスバディー。

ハァハァと喘ぎながら引き続きクリこすり。
遠目から見るとちょっとこっけいな姿。

半分目を閉じている。自分の世界に入っているよう。
息遣いと手の動きが激しくなる。おっぱいがプルプル揺れる。

12:33 のけぞって3回目の絶頂。

WS07

しばらくクリをこすった後、こすっていた中指をなめる。
だいぶムラムラが落ち着いたのか、まわりを冷静な感じで見回す。

やはりまだ足りないようで、また中指でクリをいじり始める。
喘ぎながらもまわりを気にする仕草。

少し前かがみになりながら、さっきよりも高速こすりに。
14:48 「あっ!」とのけぞって4回目。

イったあともしばらくクリりをこすり続ける。
汗をかいたのか、顔を手で拭う。

WS08

乳首を両手でまさぐる。右手の中指をレロレロなめる。
そしてその指でまたクリをいじり始める。何度イけば満足するのか…。

おっぱいがぷるぷると小刻みに揺れる。
100メート走のあとのように呼吸を荒げる。

17:33 「ふっ!」と体をビクつかせて5回目の絶頂。

WS09

イったあともやはりしばらくクリをいじり続けるが、
立っていられないという感じで地面にかがみ込む。

ひたいの汗を拭う。
地べたに正座し、顔をしかめたまま呼吸を整える。

WS10

おもむろに立ち上がってパンティーを履く。
ブラウスを羽織り、息を切らしながらブラにおっぱいをしまう。

キョロキョロしながら、「早くこの場を離れなきゃ」という感じで
急ぎ目にブラウス、スカート、カーディガンの順に着る。

まぁ、もう遅いんですがね。

WS11

バッグを持ってその場を後にする。

■■

女の性欲は一度火が着いてしまうと収めがたく、
出先でも止むを得ずシてしまうほどなんだろうか。

しかも今回はほぼ全裸になってっていう珍しいケース。
「この際もっとスリルを味わっちゃえ」って感じだったんだろうか…。

■■

1分の無料ダイジェスト動画

1,588 views

■■

以上、「野外隠撮 イキまくる立ちオナニー 1」のPart 5 でした。

アフィリンクバナー 関連の本編動画はこちら
オナニー,自慰,盗撮,覗き,素人,一般女性,美人,お姉さん,OL,人妻,ナイスバディー,美乳,巨乳,ミニスカ,パンチラ,屋外,クリトリス,指,高速こすり,貪欲,変態,唾液,5回以上イく,絶頂,オーガズム,アクメ,イキまくる野外立ちオナニー1,

Pocket
LINEで送る


コメントを残す